« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

ホラーとかSFとか

チビ旦那の夜泣きがおさまらない。相変わらず毎晩何度も起きてくださる。ムックリと起きて、アグラをかくか正座して泣く。そしてそのまま上に乗ってくる。嫁猫の首のへこんでるところにスッポリとはまるように、母ちゃんの体と直角にガッツリと。それで寝てくれりゃいいんだけど、首の上で寝返りを打ったり、起き上がったり。。。全然寝られん。

首の上に乗ってくれるのはまだいい。全然ダメなときはただただ泣き続ける。頑張って抱っこして背中トントンしてと試行錯誤はするものの、こっちも肩が脱臼しそうな勢いなんで、あまりに痛いときは座ったままちょいと泣いてもらう。ちょっと泣いたくらいじゃ旦那ももう起きないし。

おとといの夜はどうに抱っこしても気に入らないらしく、そして嫁猫の体も限界だったので泣かせて観察してみた。

…暗闇の中、浮かび上がる泣く赤子の顔。これって、すげー怖くないか?自分の子だし、毎日のことだから何とも思わなかったけど、ふと改めて考えるとホラー映画だ。これがどこかに出張に行った先のホテルで、夜中に赤子の泣き声で起こされて、目の前にこの光景があったら…確実に絶叫、または声も出せず失神、だな。

ほんで、昨日の夜は泣かないでムックリと起きて、座ったままニヤニヤしてた。結構冷え込んでたから、チビ旦那を布団の中に引き摺り込んで温めてみた。その間チビ旦那も大人しくしていたので、てっきり寝たもんだと思って布団をちょいと持ち上げて覗きこんだ。

…暗闇の中、浮かび上がる大きな黒目。見上げる色白の顔。おーぅ!まるで、あの連れられた宇宙人だ。思わず頬を撫でて皮膚の感触を確認。ヌルリとかしてたら、まさにSF映画だよ。

さて、今日は何の映画を体験させてくれるんだろうか?いつかぐっすり寝てくれるようになるんだよねぇ?頼む、昼寝するくらいなら夜寝てくれ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脱臼?

チビ旦那は引き続き夜泣き中。あー、もう体がきつい。寝不足もあるけど、妊娠前は不眠だったくらいだからまぁいい。それより、腕が外れる。つか外れてる?とにかく痛い&ゴリゴリ。

最近は、最初だけベビーベッドで寝て、泣いて起きた後は添い寝じゃないと寝てくれない(添い寝でも寝ないけど)。添い寝っていうよりは、腕枕だな。そんで、腕枕の上で寝返りモロモロを繰り広げてくれる。変なタイミングで腕を抜こうものなら起きて泣き出してくれるんで、結構長い時間腕枕で我慢している。たまにものすごく変な方向に腕?肩?が入ってしまうことがあるけど、それでも我慢。やっと腕を抜いても肩関節は違和感アリアリのまま。もうどこが正しい位置なのか自分にも分らない。

そして、そのまま自分も寝てしまい、自分が寝返りをうったタイミングでガコッという音とともに関節がはまることがよくある。朝にはちょいとズレくらいの位置にまで戻ってるから、何となく放置。週1しか行けないリハビリで少しは復活するも、1週間で悪化して~の繰り返し。よくない気がするが、どうしようもないな。このまま夜泣きが続いたらどうしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユースキン

顔を洗って化粧をしようかとしていた時、足元でウロウロしていたチビ旦那が転んで顔をぶつけて泣き出した。抱っこしてあやしてゴキゲンをとっていたら、化粧水をつけてない顔がかさついてきてしまった。仕方ないので緊急で近くにあったユースキンを顔に塗った。

そのまま顔のお手入れを忘れてしまった。数時間後、ふと顔を触ってみるとツルツルしてる。そしてシットリしている。鏡を見てみると顔色がいい。寝不足からくる肌のくすみやら目の下のクマがあまり目立たない。

もしかして?と思い、夜の洗顔の後、化粧水とユースキンをつけてみた。

翌朝。プリプリでんがな。ツルツルでんがな。

こんなコッテリクリームなんて絶対にニキビが出そうだと思っていたのに、その気配もなし。なのでそのまま朝も塗って化粧をしないで様子を見てみた。そしたらやっぱり顔色がよくなる。含まれている成分のせいだろうか?ビタミンEのおかげ?血行が良くなるみたいだ。

さすが長年売られてるだけあって効能があるのねぇ。ただ気になるのはガサガサになった手とヒザ用にと買ったお安いクリームが、高い美容クリームより効果がアリアリな自分の顔。どんだけ乾燥してんだ。そして顔に塗ってもいいのか?う~ん、素直に使い続けられない心境だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫を認識

チビ旦那に久しぶりに絵本を読み聞かせてみた。最近自分がめんどくさいのと、新しいオモチャに食いつきまくっていたので、絵本はご無沙汰。

ひらがな1文字づつ1ページに1つづつ絵が描いてある3冊セットのやつで、今日見せたのは「た~ほ」のヤツ。「あ~そ」「ま~ん」は見せてたらしいが「た~ほ」は初めてだったらしい。なにせ本を見せたって、絵を見てるわけじゃなくページをめくるのに必死だし、1冊は5秒で読み終わるからな。

久しぶりだからか成長したのか、今回は各ページの絵を見ている。「たー、たいこ。ちー、ちょうちょだねぇ。」なーんてやりながら絵をペシペシと叩くチビ旦那。分かってんのかなーと思いながらページをめくっていったら・・・、「ねー、猫だねー。ソラだねー。」のところでナント!猫の絵にチュウをした!

偶然か?と思ってほかのページを見せた後、また猫の絵を見せるとチュウをする。うわー、すごいわ。猫って認識してるんだ。しかもチュウしちゃうなんて♪猫好きなのね、ソラ好きなのねとウハウハしてしまった。

で、旦那が帰ってきてからこの話をして絵本を見せてみた。そして、猫の絵にチュウをするチビ旦那を見て、旦那曰く

「コレってチュウじゃなくて・・・食べてないか?」

確かに絵に近づきながら口が開いていく。そしてベロが出てきて・・・。パクー。まさにソラに噛り付くつく時と同じ行動。どうやら「猫=食べる」と図式ができあがっているらしい。しかも尻尾を狙って舐めてるし。んー、どうすっかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日

チビ旦那、ついに1歳を迎えました~happy02

お誕生日は美味しいものでお祝いしたいということで、頑張って料理を作ってみた。大人も食べたいし、チビ旦那にもできるだけ同じもの作ってあげたいなと思ってメニューも考えて。揚げ春巻きのサラダ、ネギのマリネ、ジャガイモと生ハムのサラダ、スープ、煮込みハンバーグ、ホタテのグラタン。いやー、こんなにちゃんと料理するのは久しぶりだな。

チビ旦那には取り分けたハンバーグ、イモ、グラタン、スープ、それとバースディケーキ。うーん、1歳か。いいなぁ、うちらはデカいロウソク1本は10歳分だもんな。

食事の後は一升餅を背負って歩かせてみた。フンギャーと泣いてはいたが、お餅を背負って泣きながら立ち上がり2,3歩あるいた。んで、転んでさらに泣く。写真だ動画だということで、これがもう一回繰り返され、チビ旦那はご機嫌ナナメになっていった。。。ま、でも記念ですから。

あれからもう1年経つのね。お腹の中でゴロゴロ動いていたものが出てきて、どう扱ったらいいか分からなかった小さい生き物が、たった1年で立って歩いて話しかけると答えるようになった。成長ってすごい。ひとんちのこの成長は早いって思ってたけど、自分ちの子も早いのね。ちょっとでも目を離すと見逃しちゃうな、こりゃ。

この1年は自分の人生の中で一番頑張った1年かもしれない。こんなにまとめて寝ていない自分、すごいわ。

「○○が大変なのは今だけ」と自分に言い聞かせてきたけど、○○が終わると△△になって次は□□…と大変なものが移り変わっていってるだけな気がする。そして子供に手がかからなくなるころには婆さんになってそうだな、と気が滅入ったりもする。それでもチビ旦那が「ウキャー」と喜ぶ顔を見ると、もうちょっと頑張るかーと思うんだからね。チビ旦那の存在って凄いんだな。これからもボチボチがんばっていこうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒット

テレビを見ているチビ旦那が、いきなり声を上げて大笑いした。いなばぁの中で流れたサルの親子のVTRを見て、何かがヒットしたらしい。アニメでもなく実写のサルの親子が映っているだけ。録画してあるので何度か流すと、そのたびに「キャキャキャ~」と大喜び。んー、遺伝子的に近いのが分かるのか?

こんな反応をするのは江頭2:50くらいだ。それもどうかと思うが。

同じくいなばぁに出てくる「パクパクさん」と「パク子さん」に最初はおびえまくっていた。ワンワンは平気なのになぜ?目が嫌なのか?あの得体のしれない感じが嫌なのか?それとも誤魔化されてる感が気に障るのか。最近やっと慣れたようだけど。

しかし、実際に本物のわんわんとか目の前にしたら絶叫するんだろうな。デカいし。まぁ、嫁猫だって実物のエガちゃんを目の前にしたら絶叫するわな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新人

猫をもう1匹飼うことにした。

ソラの弟のトラオ。

新人

チビ旦那の誕生日に乗用玩具を買ってあげるんだ!と自ら言い出した旦那が選んだのがコレ。てんとう虫の方が有名だが、ウチにはやっぱり猫科でないといかん。

トイザらスにも見に行ったんだけどね、ほとんどのものがチビ旦那が小さすぎて足が全然届かない…。どうにか届きそうなのがコレ。というより、思いっきり親の好み。カワイすぎるがなー。

チビ旦那に乗ってるところを見せてみたら…。超おもしれ〜。楽しいんですけど〜。私が。

で、あまりにも勢いよく乗りまくったらチビ旦那がビビってしまった。トラオに恐る恐る近づいては戻ってきてしまう。。乗ってくれない。

「怖くないよー、カワイイねー」と一緒に近づいてみたら、トラオの頭をそーっとナデナデ。そして白い毛をサワサワして…掴んで引っ張った。それから後ろにまわってシッポを引っ張り…。あぁ、まるっきりソラへの反応と一緒だ。

トラオはソラと同じと判断した模様。ということは…、まだ自らトラオに乗ろうとはしないが、乗って遊ぶようになったらやっぱりソラにも乗ろうとするんだろうか?ソラの試練はまだまだ続くなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »