« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

金環日食

今日は金環日食。

7時頃、全体的に曇り。金環日食になる7時半、思いっきり曇り。日食&曇のせいか、薄暗い。

残念ながら、金環日食はテレビで堪能。

40分過ぎた頃から曇が薄くなりはじめ、太陽が見え隠れしてきたので窓の外を見たら、普通に裸眼で部分日食が見えた(もちろんイケナイんだけど)。

金環日食


もう少し晴れて来たので、家の中で穴開きお玉をかざしてみた。三日月の形に見える!ワオ。

ウチのカーテンは草木の模様に透けてるデザイン。もしかして?と思ってカーテンを閉めてみた。

金環日食

正解。木漏れ日みたく、光が三日月の形になってる~!

金環日食は見られなかったけど、満足っす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと怖い

この前の続き。

あのあと、電話をしていた時のことをふと思い出した。電話で「予定日が○月○日なら今は×ヶ月くらい…?」と聞いて、彼女は「そうです。×ヶ月です。」と言っていた。

しかし、あの時私は数ヶ月後のカレンダーを今だと思って話していた。完全に勘違いをしていた。あの電話の前に別件で数ヶ月後の予定に関する電話をしていて、デスクのカレンダーをめくりっぱなしだったことに気づいた。

ということは、彼女は今妊娠×ヶ月ではない。数ヶ月ズレている…。妊娠中の女性が月数を間違えるだろうか?

彼女は本当に妊娠してるんだろうか…?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

怒りと悲しみ

久々にムカついた。

今の職場で事業所内の保育園も担当している。昨日利用に関する問い合わせがあった。

秋に出産予定とのこと。利用条件等を説明、出産したら連絡と産休中に保育園で面談を伝えたら、産休は取らないという。それにも?と思ったが、休んでられないからとかなんとか。どちらにしても生後57日後からしか受け入れないことと、市内の保育園も6ヶ月からと言うと、「身内も近くにいないんですよ!じゃあ、どうすればいいんですか!?」と…。

知らんがな。

女が仕事しながら子育てするならそのくらい想定内でしょ。三十路の女が何言ってんだか。仕事をしたけりゃファミサポなりなんなり利用するしかない。あらゆる方法を利用するしかない。てか、そんなことはまずは自分で調べろと言いたい。

ウチの市役所の保育課は問い合わせるとわりにイロイロと教えてくれる。なので、「保育課に聞くと教えてくれますよ。保育園のことだけでなく育児に関すること全般でも」と言ったら、「あ、そういうのは別に…。」だと。あなたのメールでの問い合わせに対して、こっちは事前に保育課に問合せ確認してるっつーの。じゃあ、自分で聞けよ。

その後も「どこか他に預けられるとこは?」とか「一時保育は高いから」とかグタグタ。働き続けるために、給料のほとんどを未認可の託児所に注ぎ込んでる人達がたくさんいるのをニュースで聞いたこともないんだろうか?

最後に呆れたのが、出産前に手続きを済ませたいと言った時。お子様の状態確認のための面談だと言ってるのに、出産前にしたいと言う。生まれてきた子がミルクか母乳かや、病気等を話す場なのに、早く申込まないとだし!と納得しない。

この時に気づいた。この人はまるで子供をモノのように話してる。。感じてた不快感はこれだ、と。

そして、なんとなく悲しくなってしまった。自分でしようとしない人、覚悟のない人は大嫌いだけど、そこだけじゃなかった。。まだ生まれて来ないから実感がないのかもしれない。いや、元々子供が好きじゃないのかもしれない。いや、まだ出産することを受け入れられてないだけ?そんなことが頭の中をぐるぐるとした。

帰りにチビ旦那を迎えに行って、ギュウっと抱きしめてしまった。あの人も、出産したら赤ちゃんをいとおしいと思ってくれるといいなと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

半年ぶり

GWの最終日、チビ旦那を預けて久しぶりに映画を見に行った。テルマエロマエ。バカげた映画で面白かった。やっぱり映画は頭を使わずに見たい。

で、駐車場にて。

以前に車のアンテナをしまわずに洗車機に入れてしまったことがあったので、すでに曲がっていたアンテナ。最後まで入りきらない状態だった。そんなアンテナを旦那が車のバックドアを閉めようとして引っかけてしまい、グニョーンと曲がってしまった。

さて、どうしたものかと、とりあえずエンジンを切ってみた。オートアンテナなので、エンジン停止とともにアンテナを引きずり込む。なんとなくウニウニ言いながら入って行くものの、真ん中あたりで動かなくなった。モーター音だけが聞こえるので、ヤバイ?と思い再度エンジンをかけてみた。

そしたら、アンテナの中身?だけが出てきた。ビョ~ンって。
半年ぶり

で、戻らなくなりました。

半年ぶりに大笑いした。そういえばこの人はこういうことをやって嫁猫を笑かしてくれるんだったわー。

仕方ないので、テーピングして帰宅。旦那は凹んでいたけど、このあと数日間、「ビョ~ンって。」というだけで笑わせてもらった。

ちなみに修理には3万円ほどかかるらしく、当分保留。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »