« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

最大容量

今年はいろんな意味で人間関係のバランスが崩れた1年だった。

夏に父親が他界した。それは急ではなかったけれど、素直に受け入れられる出来事ではなかった。

25年ぶりに同窓会で多くの同級生に再会した。それをきっかけに、たくさんの人とのつながりができた。

もともとまめに連絡をとったりする方ではないから、連絡が途絶えてしまった人もいた。

失ったものの方が大きかったのか、得たものの方が大きかったのかは分からない。今すぐに答えが分かるものでもないだろう。ただ、自分の中の人間関係の最大容量があるんじゃないかと思うようになった。濃い関係を維持するのか、薄い部分も持ち合わせていくのか、来年は自分にとってのベストバランスを探してみようと思う。

来年は良い年になりますように。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

水イボとインフルエンザ

数ヶ月前にチビ旦那の体に小さい何かができていた。気にはなっていたが、特に痒がることもなく大きくなることもなく増えもしなかったので、そのまま放置していた。1ヶ月たっても消えないので、医者に連れて行こうかな~どうしようかな~と思いつつ、また1ヶ月くらい経ってしまった。さすがに2ヶ月以上も経つしなぁと思い、皮膚科に連れて行った。そしたら、これは水イボとのこと。特に効く薬もないし、つまんで取るしかないというので取ってもらうことになった。方法は「先の丸いピンセットでブチッとつまみ取る」のみ。嫁猫の方が「えええええ~?」と驚いてしまった。
そして、チビ旦那を抱っこしたまま先生がピンセットを持ち...ブチッと。うわあああ!と思わず声がでてしまった。なのに、チビ旦那ったら小声でボソッと「いたい」と言うだけ。5つほどつまみ取られたのに全く泣かない。先生も看護婦さんも、あまりの我慢強さに最後の方は「すごいね~」と笑っていた。
母ちゃんはというと、チビ旦那がいつのまにかそんなに我慢強い子になっていたことに驚いて涙がでてしまった。。。
そういえば、インフルエンザワクチンを打ちに行ったジジババが「泣かなかったよ」といっていたのを思い出した。2回目に嫁猫が連れて行った時も泣かなかった。
もしかしたら我慢強いんじゃなくて、ただの鈍感...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

記憶容量低下

先月末に一緒に働いていた子が退職した。後任者を募集したが、12月からというのもあって決まらないまま、結局自分がその子の仕事をすることに。。。職員の人がいるものの、その人は夏に異動してきて、ただ今妊娠中で1月から産休に入る予定。移動前に妊娠が分かっていたので、本人は全く仕事を覚える気がない。後任者が見つからなくても、彼女はすぐ後に休みに入ってしまうからと、なーんにも手伝ってもくれず仕事を打診してもノラリクラリ。

そして12月から仕事量が単純に2倍になってしまった。色んな事務作業はまぁよいとしよう。もう少し慣れればどうにか回せると思う。

ところが、問題が一つ。記憶容量が足りない。

秘書業務もあるんだけど、秘書対象が2人→4人に倍増。あのですねぇ、4人の予定なんて頭に入りませんわ。。。だいたい自分の予定さえ覚えきれないっていうのに、複数の他人の予定なんてもう。ひさしぶりに耳から脳みそが出てしまうかと思った。

そして後任者は未定のまま。1月からの採用で希望を出しているけれど、1月頭からなんて働きたくないよねぇ。きっと1月もひとりでこなすんだろうなー。今から記憶力は増えないよなー。あぁ、憂鬱。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

祝・3歳!

チビ旦那、めでたく3歳を迎えました!3年ってあっという間だなぁ。。。

保育園の同じクラスの子たちはほとんど月齢が上の子ばかりで、チビ旦那の誕生日はクラスで最後の方。保育園で毎月行われるお誕生日会で自分がいつまでたっても祝ってもらえないので、夏あたりから「チビ旦那のお誕生日は?」と言い続けていた。そして、誕生日の歌を自分に歌い続けていた。

そんなチビ旦那の待ちに待った誕生日。朝一で「お誕生日おめでとう!」といったら、寝起きひと言目が「イチゴのケーキがいい」と...。お誕生日当日は仕事だったので週末にお誕生日会でもしようと思っていたけれど、どうもごまかせなさそうなので当日にお祝いをすることにした。

準備していなかったので、急きょ有り合わせでご馳走を作ってケーキも買ってお祝い。今年はお祝いしてもらっているのが分かるようで、プレゼントをもらって超ご満悦。「やったー!」と喜びまくっていた。

誕生日って本人が嬉しいものだと思っていたけれど、子供の誕生日って自分がウレシイのね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »