« 記憶容量低下 | トップページ | 最大容量 »

水イボとインフルエンザ

数ヶ月前にチビ旦那の体に小さい何かができていた。気にはなっていたが、特に痒がることもなく大きくなることもなく増えもしなかったので、そのまま放置していた。1ヶ月たっても消えないので、医者に連れて行こうかな~どうしようかな~と思いつつ、また1ヶ月くらい経ってしまった。さすがに2ヶ月以上も経つしなぁと思い、皮膚科に連れて行った。そしたら、これは水イボとのこと。特に効く薬もないし、つまんで取るしかないというので取ってもらうことになった。方法は「先の丸いピンセットでブチッとつまみ取る」のみ。嫁猫の方が「えええええ~?」と驚いてしまった。
そして、チビ旦那を抱っこしたまま先生がピンセットを持ち...ブチッと。うわあああ!と思わず声がでてしまった。なのに、チビ旦那ったら小声でボソッと「いたい」と言うだけ。5つほどつまみ取られたのに全く泣かない。先生も看護婦さんも、あまりの我慢強さに最後の方は「すごいね~」と笑っていた。
母ちゃんはというと、チビ旦那がいつのまにかそんなに我慢強い子になっていたことに驚いて涙がでてしまった。。。
そういえば、インフルエンザワクチンを打ちに行ったジジババが「泣かなかったよ」といっていたのを思い出した。2回目に嫁猫が連れて行った時も泣かなかった。
もしかしたら我慢強いんじゃなくて、ただの鈍感...

|

« 記憶容量低下 | トップページ | 最大容量 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106210/56364000

この記事へのトラックバック一覧です: 水イボとインフルエンザ:

« 記憶容量低下 | トップページ | 最大容量 »